スポンサーリンク

郵便局の安否見守り駆けつけサービス

郵便局高齢者見守り駆けつけサービス


高齢化が進み、1人暮らしの老人が増えてきたことを背景に、郵便局もひとり暮らしのお年寄りを対象にした安否確認サーびしを始めました。


地方でひとり暮らしをしている高齢の親の安否確認を、郵便局が行ってくれるというものです。


見守りは3タイプ

訪問して安否確認する
毎日電話で安否確認する
緊急時の駆けつけサービス


訪問型の安否確認サービスは、月に1回郵便局員が高齢社宅を訪問し、30分ほど健康状態などの決まった項目を質問し、遠くで暮らす家族にその内容をメールで報告するというもの。

月額2500円(税抜き)


電話の見守りは

毎日電話で体調などを自動音声で質問し、その内容をメールで知らせてくれるもの。

月額980円(税抜き)

携帯電話の場合1180円(税抜き)


緊急時の駆けつけサービスは、家族の依頼で高齢者の自宅に安否確認に駆けつけるサービスです。

月額800円で、緊急時の駆けつけには別料金(1回1時間まで5000円)の料金が発生します。


また緊急時の駆けつけは、郵便局員ではなく、業務委託している大手ホームセキュリティ会社のセコムやアルソックの隊員となります。

また駆けつけサービスは委託なので、委託業者とも別途契約が必要となります。


おかしいなとは思いましたが、緊急時に郵便局の方が対応するわけではないんですね。


そこは長年の実績のあるセキュリティ会社のほうが安心ですからね。


最近はセコムやアルソックも高齢者の見守りに力を入れていて、手軽なプランもあるので、郵便局と比較してみるのもいいかもしれませんね。


※高齢者の安否確認について詳しいサイト



posted by 高優賃 at 09:27 | 高齢者向け優良賃貸住宅とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク