通報型の安否見守りサービス

通報型の安否見守りサービス

ひとり暮らしの高齢者の自宅によくあるのが、この「通報型」の見守りサービスです。

電話回線と繋がっていて、緊急ボタンを押すとサポートセンターに電話が繋がり、異常事態を知らせることgで切るというものです。

地域の自治体では、単身の高齢者世帯に無料や、割安料金で貸し出しているところもあります。

オプションで、緊急ボタンがペンダント型になっているものもあって、据え置き型の設置してあるボタンまで行かなくても、持ち
歩けるタイプもあるので、お風呂場や、通報装置がない場所でもSOSの発信ができるものもあります。

通報方の安否見守りサービスの良いところは、緊急の時にボタンひとつで連絡することができるところでしょう。

ただ気を付けておかなければならないのは、どこに連絡が行くかというところです。

各自治体のサービスであれば、センターで受け付けることになりますが、NTTが提供しているココクマというカメラ付きの見守り
サービスでは、あらかじめ登録している電話(最高9件まで)に順じ連絡していくシステムなど、様々です。

遠距離で見守るのか、駆けつけることができる距離で見守るのかなど、それぞれ事情が違うと思うので、一番よい方法を選択する
ことも大事です。

posted by 高優賃 at 09:38 | 高齢者安否見守りサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント