家電のプラグを差し込むだけで安否確認できるWiFi-Plug

家電のプラグを差し込むだけで安否確認できるWiFi-Plug

家電のプラグを差し込むだけで独居老人600万人を孤独死から守るというキャッチフレーズの「見守りコンセント WiFi-Plug」。

IoTで低価格な安否確認を実現している注目の商品です。

「見守りコンセント WiFi-Plug」は初期費用こそ1万円ほどかかりますが、月額利用料は360円と手軽で低価格な高齢者見守り製品です。

仕様は
不自然な電気使用パターンを検知して、プッシュ通知とメール
による通知。

あらかじめ登録しておいた連絡先、最大6件にプッシュ通知とメールで知らせてくれます。

高齢者の見守りでよく使用されている人感センサーと違って、消費電力で見守るため、高齢者のプライバシーが守られます。

いくら年を取っているとはいえ、生活を見られると言うのはあまり気色のいいものではありませんから。もちろんカメラではないので、映像で見られるわけではないですが、見守られる側の高齢者もストレスが少なく、安心です。

ただ、この「見守りコンセント WiFi-Plug」も、駆けつけることができる距離に誰かがいなければ、いくらメールが届いてもどうする事もできませんよね。

セコムやアルソックなどのホームセキュリティ会社の見守りサービスは、いざと言う時に現場急行してくれる強みがあります。

ココセコムなどは月額980円ほどで緊急出動してくれるので、「見守りコンセント WiFi-Plug」と組み合わせて使用するのもありだと思いますよ。

ココセコムと「見守りコンセント WiFi-Plug」を両方利用しても、月額1500円くらいなので、かなり抑えた料金である上に駆けつけもあるのでいいのではないかと思います。


※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」
posted by 高優賃 at 08:13 | 高齢者安否確認サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント