一人暮らしの老人が認知症になったら…

一人暮らしの老人が認知症になったら…

1人暮らしの老人が認知症になってしまう事も増えてくるでしょう。

1人暮らしだった場合、家に帰る事もできなくなって、探してくれる人もいなくて、彷徨うことにもなりかねません…

結局は警察に保護、老人施設への入居というレールに乗るわけです。

同居していなくても、遠方に住む家族がいる場合は、徘徊で居場所が特定できなくなったと起動するかを想定して、子供と相談しておく事も大事です。

痴呆が進んだ時に一番力になってもらわなければならないのが近所の方々です。

日頃から挨拶を欠かさないようにしておきましょう。

どの程度まで話すかは、防犯上もありますしなかなか難しいところです。
posted by 高優賃 at 08:24 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント