サ高住と訪問看護、どちらを選んでも大変?

サ高住訪問看護、どちらを選んでも大変?

高齢者の1人暮らし、何かと心配ですよね。

一昔前だと、有料老人ホームか特別養護老人ホーム、の選択がほとんどでした。

そのため、入居できる高齢者はほんのわずかで、多くの人は老人健康保健施設(老健)と自宅を行ったり来たりという事も多かったようです。

最近はサービス付き高齢者施設の建設が進み、高額の一時金を支払うことなく、賃貸方式で老人施設への入居が可能になったので、敷居が低くなったといえます。

ただ、住みなれた家を離れるのはいやだという方も多く、訪問看護サービスを利用しながら自宅で暮らす高齢者も増えています。

サ高住にしても、介護度が進めばホームによっては退去もあるので、入居の際は必ず確認しておきましょう。

いずれにしても、5年後10年後、体が思うように動かなくなった時にどのように生きたいか、そこを良く考えて決める事が大事になってきます。
posted by 高優賃 at 09:34 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント