認知症は日頃の生活で予防できる?

認知症は日頃の生活で予防できる?

認知症は日頃の生活で予防する事もできるといいます。

簡単なことで言うと、手先を使うような作業や、クロスワードパズルや数読(すうどく)など、手先や頭を使うものも認知症予防に効果があるといわれています。

手先の神経と脳はやはり深い関係があるのでしょうね!

他にも、大豆に含まれる成分に認知症予防の効果があるというニュースも、最近話題になりました。

体を動かす事もとても大事だといいますし、総合すると運動、手先の細かな作業、考えたり頭を働かせる考え事、など体をフル稼働することを気をつけて行なう事で、ボケ防止、認知症の予防になるということなんですね。

スマホゲームで能トレを行なう人もいるようですが、コレも一長一短あるようですが、脳を使うことには効果があるかもしれません。

あまり難しく考える事はなく、体を動かしたり、笑ったり、時には起こったり…そういうことが大事なのだと思いました。
posted by 高優賃 at 09:09 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント