高齢者専用賃貸住宅の廃止

高齢者専用賃貸住宅廃止

高齢者専用賃貸住宅は、制度が複雑だったり、基準が曖昧というか、明確でないなどの問題点が多かった為、制度自体が廃止になりました。

代わりにできたのが「サービス付き高齢者住宅」、略して「サ高住」です。

サービス付き高齢者住宅は、高齢者向けの住宅を増やし、高齢者が借りやすくすることを目的とする「高齢者住まい法」に基づいて作られた制度です。

施設の建設には国の助成金も出ることから、建設も進み、現在は空き物権も比較的簡単に見つけられるまでに増えています。

居室が18〜25平方メートルの低価格帯の物件や、立地条件のいい物件、新しくきれいなところは比較的早くうなってしまうので、条件に見合うところが見つかったら早めに申し込んだ方がよいでしょう。

サービス付き高齢者住宅の入居に関しては、「自立度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入居を審査があります。また基本的に連帯保証人を求められるケースが一般的です。
posted by 高優賃 at 13:05 | 高齢者向け優良賃貸住宅とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント