西部ガスの緊急通報サービス(高齢者見守り)

西部ガスの緊急通報サービス(高齢者見守り)

4人に1人が65歳以上という高齢化社会を向かえ、西部ガスも高齢者の見守り、安否確認サービスに力を入れています。

西部ガスリビングが行っている高齢者安否確認サービスは、「みまもりさん&かけつけさん

緊急時にボタンを押す事ですぐに駆けつけてくれるサービスです。ボタンは固定タイプとペンダントタイプがああるので、いつも身につけておけばいざという時に安心です。

見守りさん駆けつけさんの主なサービスは3つ

  • 緊急通報サービス

  • 安否確認サービス

  • 駆けつけサービス



1人暮らしの高齢者はいつ何があるかわかりませんし、転倒や急な発作も心配ですよね。

「みまもりさんかけつけさん」は、体調不良を感じた時、救急時にボタンを押すとすぐに駆けつけてくれます。

また必要に応じて110番、119番通報にも対応してくれます。

ガス会社は、緊急出動のノウハウがあるので、安心感は大きいのではないでしょうか。

インターネット環境がなくても、固定電話を引いている家庭であれば利用可能なので、ハードルも下がりますよね。

利用料金は、駆けつけ対応、基本料金を含んで月額1880円(税別)から。

あとは必要なサービスをオプションで加えていくことが出来ます。

初回は登録費用が2000円程度かかるので、詳しくは西部ガスリビングのホームページをご覧くださいい。

駆けつけと基本料金だけでしたら2000円程度で済みますが、にオプションを加えていくと、月額料金もけっこうかかるんですよね…。

高いというイメージのあるセコムやアルソックも高齢者の見守りサービスに力を入れています。しかも利用料は月額3000円ほどから…。

意外に安くて驚きませんか?

まずはいろいろなサービスや情報を集める事からはじめてみてはどうでしょうか

セコムの見守り・アルソックの安否確認を徹底比較

高齢者見守りサービス比較
posted by 高優賃 at 08:29 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント