最後まで住み慣れた家で過ごしたい

最後まで住み慣れた家で過ごしたい

高齢化社会が進むにつれ、気になってくるのは老後をどのように暮らすかではないでしょうか

連れ合いが亡くなって、ひとり暮らしを経験すると、子供と同居は嬉しい反面、気を使うのが億劫という高齢者も多いです。

でも子供からしたら、高齢の親をひとりで住まわせるのはとても心配…持病や足腰が弱るとよけい心配だと思います。

高齢者施設、サービス付き高齢者住宅、有料老人ホーム、シニアマンション、など様々な住居形態はありますが、やはり長年住み
慣れた家で過ごしたいと思っている方が多いです。

高齢者施設に入っても、知らない人ばかりの中で毎日を送るのはストレスですし、嫌な事があってもうここに痛くないと思って
も、すぐに家に帰れるわけではないとしたら、苦しい思いをしながら以降を暮らすのはとても辛いですよね。

色んなことを考えた上で、住み慣れた家で暮らす ことを、過ごすことを選択する老人が多いといいます。

自由に暮らせて、費用の面でも今もままが良いといわけですよね。

そんな時によく利用されているのが高齢者の見守りサービスです。

家電で見守りを行ったり、センサーを使って安否見守りを行うサービスです。

様々なタイプがあるので、どの程度の見守りが必要か5年後、10年後を考えながら選択するとよいと思います。

<b>※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト</b>
・<a href="http://kaiketu123.com/secom/cat6/"target="_blank">高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント</a>
・<a href="http://kaiketu123.com/secom/secom/docterw.html">リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム</a>
・<a href="http://koureisyamimamori.seesaa.net/category/8743649-1.html" target="_blank" title="高齢者安否見守り「まもるっく」">高齢者安否見守り「まもるっく」</a>
posted by 高優賃 at 08:14 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西部ガスの緊急通報サービス(高齢者見守り)

西部ガスの緊急通報サービス(高齢者見守り)

4人に1人が65歳以上という高齢化社会を向かえ、西部ガスも高齢者の見守り、安否確認サービスに力を入れています。

西部ガスリビングが行っている高齢者安否確認サービスは、「みまもりさん&かけつけさん

緊急時にボタンを押す事ですぐに駆けつけてくれるサービスです。ボタンは固定タイプとペンダントタイプがああるので、いつも身につけておけばいざという時に安心です。

見守りさん駆けつけさんの主なサービスは3つ

  • 緊急通報サービス

  • 安否確認サービス

  • 駆けつけサービス



1人暮らしの高齢者はいつ何があるかわかりませんし、転倒や急な発作も心配ですよね。

「みまもりさんかけつけさん」は、体調不良を感じた時、救急時にボタンを押すとすぐに駆けつけてくれます。

また必要に応じて110番、119番通報にも対応してくれます。

ガス会社は、緊急出動のノウハウがあるので、安心感は大きいのではないでしょうか。

インターネット環境がなくても、固定電話を引いている家庭であれば利用可能なので、ハードルも下がりますよね。

利用料金は、駆けつけ対応、基本料金を含んで月額1880円(税別)から。

あとは必要なサービスをオプションで加えていくことが出来ます。

初回は登録費用が2000円程度かかるので、詳しくは西部ガスリビングのホームページをご覧くださいい。

駆けつけと基本料金だけでしたら2000円程度で済みますが、にオプションを加えていくと、月額料金もけっこうかかるんですよね…。

高いというイメージのあるセコムやアルソックも高齢者の見守りサービスに力を入れています。しかも利用料は月額3000円ほどから…。

意外に安くて驚きませんか?

まずはいろいろなサービスや情報を集める事からはじめてみてはどうでしょうか

セコムの見守り・アルソックの安否確認を徹底比較

高齢者見守りサービス比較
posted by 高優賃 at 08:29 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント