徘徊対策にGPSはオススメ?…

徘徊対策GPSはオススメ?…

認知症の親を持つ人で一番心配するのは「徘徊」だといいます。

頭はボケても、体はとても元気なので、知らないうちに勝手に外出してしまうというわけです。

徘徊で一番心配なのは交通事故。
そして自分で帰ってこられなくなることではないでしょうか。

転倒などの怪我、凍死、熱中症も心配されますよね。

認知症といっても、ある日突然ボケたり、記憶がなくなってしまうわけではありません。

多くの場合、ところどころの記憶が抜け落ちていき、だんだんその領域が繋がって広くなるといった感じでしょうか。

なので、はじめの内は着衣(身につけるもの)に明るい色みの物、目立つものを身につけるように気をつけることで見つけてもらいやすくなります。

住所氏名電話番号を衣服や靴に書くのは、とても判りやすく効果はあると思いますが、個人的にはあまりオススメできません。

今は様々な事件に巻き込まれたり、詐欺も横行しているからです。

ボケ老人がいるとわかると、悪用する人もいないとは限りませんから。

一番はレンタルの小型のGPS付器具(位置情報がわかる端末機器)などを活用することかなと思います。

居場所がすぐにわかりますし、今は色々なものが出ていますよね。

ネットや量販店で販売しているものもいいですが、ココセコム位置情報端末は月額1000円くらいで利用できるのでオススメです。

家族にも居場所がすぐにわかりますし、依頼があればセコムの隊員がすぐに駆けつけてくれるという安心感がありますから。

各自治体が行っている高齢者の見守りサービスも色々あるはずなので訪ねてみるのもひとつです。。

まずはどのような取り組みがあるのか調べて、安心して生活できるよう準備しておく事が大事です。

※高齢者の見守りについて詳しいサイト紹介
 高齢者見守りアルソックセコムを比較
 高齢者見守り比較サイト
posted by 高優賃 at 18:09 | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント