高齢者の日常を見守る安否確認サービス

高齢者の日常を見守る安否確認サービス

高齢者の見守りサービスというと、最近ではいくつかの型があって、だいたい4つに分類されます。

@湯沸しポットの使用量や、ガスの使用量、コーヒーマシーンの利用などの情報をメールで知らせる安否確認システム

A見守られる側が、緊急事態に設置してあるボタンを押すことで緊急を知らせるシステム

Bよく通る場所や居室、トイレのドアなどに人感センサーを取り付け、一定時間反応がなかった場合などに異常を知らせるメールを送信するシステム

C見守りカメラによる安否確認

料金もまちまちで、機器を買い取る方式で月額利用料金が割安のタイプと、機器はレンタルで月額料金に機器代が盛り込んであるタイプ。

ほとんどの場合、月額料金は2000円から5000円ほどで、一般的には3000円くらいが相場のようです。

ただ、ココで注意したいのは、サービスや料金で決めるのではなくて、どのサービスが必要かということだと思います。

まだまだ元気で自分で何でもできる方なら@の湯沸しポットでもいいでしょう。

ただ、持病があったり、足腰に不安がある方は転倒の場合も考慮してセンサーもありかもしれません

そこでいろいろ調べてみると、セコムもやアルソックも、高齢者向けの安否確認サービスに力を入れているのを知りました。

大手セキュリティ会社なのでさぞかし高額だろうと思って見て見ると、月額料金は3000円前後から…。

そして緊急の場合は駆けつけサービスもあります。

緊急時の駆けつけサービスがついてこの価格は検討の余地がありますよね。

高齢者の見守り安否確認サービスは、まずは情報を集めてみて、比較検討するのも大事だなと思いました。

高齢者見守りセコムとアルソックを徹底比較
posted by 高優賃 at 08:17 | 高齢者見守り安否確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント