アルソックの転倒検知サービス(高齢者の安否見守り)

アルソックの転倒検知サービス(高齢者の安否見守り

アルソックの提供している高齢者向けの安否見守りサービスに「まもるっく」があります。

専用の端末「まもるっく」を持ち歩く事で、一定の衝撃で倒れた時などにアルソックに自動で通報してくれるサービスです。

「まもるっく」は軽量で小型の端末ですが、それ自体からアルソックに通信ができ、会話する事もできる優れものです。

通報があるとアルソックから安否の確認があり、上体について会話する事もできますし、話もできない状態であると判断したら、
アルソックの隊員が現場に急行してくれます。

セコムも最近「転倒検知付き」の高齢者を対象にした「マイドクターウオッチ」のサービスを開始しました。

セコムはリストバンド型で身につけやすいという利点がありますが、小型なので端末自信から直接通報はできません。

ホームセキュリティーのコントローラーを介して通信するので小型化が実現したんですね。

どちらのサービスがよいかはやはりじっくり仕様を比較してみるのが一番のようです。

高齢者の安否見守りに関して詳しく調べているサイトもありますよ。

<b>※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト</b>
・<a href="http://kaiketu123.com/secom/cat6/"target="_blank">高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント</a>
・<a href="http://kaiketu123.com/secom/secom/docterw.html">リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム</a>
・<a href="http://koureisyamimamori.seesaa.net/" target="_blank" title="高齢者見守り比較サイト">高齢者見守り比較サイト</a>
posted by 高優賃 at 10:23 | 高齢者安否見守りサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント