高齢者は特に誤嚥性肺炎に注意!

高齢者は特に誤嚥性肺炎に注意!

年を取ると嚥下(えんげ)機能が低下して、食べ物を上手く飲み込めなくなる人が多いです。

食事中にむせたり、間違って気管(気道)に食べ物が入ってしまうと、「誤燕性肺炎(ごえんせいはいえん)」を引き起こす事もあります。

高齢者の死因というと、脳卒中や心臓疾患を思い浮かべてしまいますが、誤嚥も高齢者の死因の上位に上げられるといわれています。

よくかんで食べる習慣をつけたり、咽喉を鍛えるとよいといわれていますよね。

年をとると人と会話する事自体が減ってしまって、のどの筋肉も衰えがち…

カラオケで歌を歌ったり、おしゃべりする事でも咽喉の筋肉を鍛える事が出きるんですよ。

ゆっくりよく噛んで、食事を楽しむ事も大切。
特別な運動や訓練をしなくても、ちょっと気をつけていくことでも誤嚥を防いでいく事ができます。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」
posted by 高優賃 at 11:14 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント