高齢者とは何歳からなのか後期高齢者は何歳からなのか

高齢者とは何歳からなのか後期高齢者は何歳からなのか

高齢者と一口に言っても、前期高齢者、後期高齢者など、高齢者にも分類されています。

では一体、高齢者とは何歳からをさす言葉なのでしょうか?

一般的に高齢者というと、公的年金を受給し始める65歳を指すことが多いです。

はっきりいうと、高齢者の定義に決まったものはなく、各省庁でも違いがあるようです。でも65歳で高齢者なんて、申し訳ないくらい若々しい方も最近は多くなっています。

昔は、65歳と言うと、ホントにお年寄りという感じで、腰が曲がったり、足腰も弱くなってそれなりの年齢に見えたものですが、最近の65歳は、昔の50代位に見えるほど、若々しいと思いませんか?

とはいえ、やはり体は確実に年を取っています。

一度転倒したり病気をしたりすると、白髪が伸びたり、気持ちもしぼむのか、一気に老け込んでしまう人も多いです。

厚労省では65歳からを前期高齢者、そして75歳を過ぎると後期高齢者といっています。

老人から言わせると、高齢者に「前期」だとか「後期」だとか名前をつけるの自体おかしいとおっしゃる方もいて、まことにその通りだと思います。

高齢者だとか、老人だとか、人から言われたくない気持ちはよくわかります。

自分で老人だという自覚を持つことが大事ですよね。

ただ、高齢者ということで受けられるサービスも沢山あるので、気持ちよく受け入れるのも得です。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」
posted by 高優賃 at 13:21 | 高齢者を取り巻く話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント